絵本棚

我が子(小学生)が読んでる おすすめ本 絵本編7

 

我が子に本を読んでもらいたくて考えていた時,ある本に出会いました。

その本の中に書かれていた1つがリビングに本棚を置くということでした。

さっそく本棚を2つ購入。リビングに設置。

他の部屋や2階にあった本をリビングの本棚に並べました。

 

そして数日経ったころ,我が子が自分で本を手に取って本を読んでいる姿が。

 

本を置いたからといって,すぐに子どもが本を読み出すことはありませんが,本が身近な存在となるのが当たり前になると自然と自分で本を手に取るようになるのです。

その後,最初の本棚がいっぱいになったので新たに本棚を2つ追加購入。

しかし,その本棚もしばらくするといっぱいになることに。

本棚を追加購入しようにも場所はありません。読む量がとんでもないので本代もバカにならなくなります。

というわけで図書館で本を借りて借りて借りまくるという現在に至ります。

 

現在では月50冊以上 年間500冊以上を読むようになりました。(少なく見積もってなのでおそらくもっと多いような・・・)

 

一番下の子のために借りた絵本から母親が借りてきたエッセイなどなんでも読み漁ります。

ここブログでは,そんな我が子が読んでいる本の一部を紹介します。

相当数の本を読んでいる我が子がこれはおもしろいと言った本には本人のコメントを掲載。(たまに2番目の子のコメントも)

これから,本を選ばれるときのヒントになればと思います。

 

 

おすすめ本1 みどりのほし
作 林木林  絵 長谷川義史



果物や野菜のヘタを“みどりのほし”とみる感覚がなるほどと感じます。小さな星々が、命の輝きを感じさせます。
絵本のもとになった童謡詩「みどりのほし」が、谷川賢作さん作曲の楽譜とともに紹介されています。

 

 

おすすめ本2 ヤダヤダかめん
作 あきやま ただし 



ヤダヤダばかり言うこころちゃん。
そんなこころちゃんはヤダヤダかめんに変身してしまいます。
ヤダヤダばかり言っていると・・・
ヤダヤダばかり言ってしまう時期があります。そんな時に読んでみるといいかもしれません。

 

 

 

おすすめ本3 へんしんテスト 作 あきやま ただし



長女
私もへんしんテストをしてみたいと思った。

あきやまさんの「へんしんシリーズ」

へんしんシリーズはどれもおもしろくて子どもに人気です。

 

-絵本棚

© 2022 こどもの本棚 Powered by AFFINGER5